ラケットドックは日本で唯一のラケットフィッティングを提供するサービスです

テニスラケットはプレイヤーの運動をボールに伝える道具なので、大切なのは「伝わりやすさ」です。
「伝わりやすさ」は人それぞれで違うので、合うラケットを見つけるには一人ひとりのプレーを診断する必要があります。

開催予定と空き状況

ラケットでプレーが変わるなんて信じられない

「ラケットでプレーが変わる」なんていう話を聞くと、過去にプレーを変えようとして苦労した方は「そんなうまい話はとても信じられない」と感じると思いますが、実は確実に変わります。そして、その理由はとてもシンプルです。

テニスプレイヤーは打球を相手コートに入れようとする

その理由とは、テニスプレイヤーであれば誰でも、自分の打球を相手コートに入れようとするからです。
その仕組みは以下のとおりです。
テニスラケットはモデルごとに特性が変わり、ガット張りによっても性能が変わるので、ラケットの性能はそれこそ1本1本異なります。
そして、そうしたラケットの性能によって「ボールの飛び方」が変わり、それだけでなく、「ボールの飛ばし方」も変わります。
ですから、ショットの結果はラケットの性能の影響を強く受けるのですが、でも実際には、持ち替えた直後の2~3球を除けばショットの結果には大した違いが生まれないのです。

打ち方が調整されてしまう

なぜなら、ある程度の経験を積んだプレイヤーであれば、どんなラケットを使っても打球が相手コートに入るように打ってしまうからです。
ラケットを持ち替えて自分の打球がアウトしたりネットしたりしたときに、その状態をそのままキープしてアウトやネットを続けるプレイヤーは普通は居ません。
なぜなら、持ち替え直後の2~3球で、狙ったポイントに打球が落ちるように打ち方が調整されてしまうのです。
ですから、自分の打球がアウトしてもネットしても全く気にならないプレイヤー以外は誰でも、ラケットを持ち替えればボールを打つときの動きが変わってしまいます

もし変わるのならそれが自分でわかるはず

「そうはいっても、自分の打ち方は過去にラケットを持ち替えても変わらなかった」と思われた方も居るのではないでしょうか。
確かに、自分で意識して打ち方を変えたことはないし、実際に変わったという自覚も無いかも知れません。
でも、ここがとても重要なポイントなのですが、「自分の打ち方が変わってもプレイヤーは自覚できない」のです。

理由その1)テニスはとても忙しい

なぜなら、テニスは自分の打ち方の変化を自覚できるほどノンビリしていて簡単なスポーツではないからです。
実際問題として、ボレーよりずっと時間的な余裕があるストロークの場合でも、相手が打ってからこちらが打つまでに使える時間は1.5秒くらしかないので、考えながら動いていてはとても間に合いません。
ですから、打ち合いの最中は反射的な対応が求められるため、自分の動きを自覚しながら打つことはできません。
さらに、高速で動き回るボールを正確に把握しなければならないので、ボールへの高度な意識集中が必要です。
そんな状況で自分の動きの変化などに意識を向けたら、とたんにミスが出て打ち合いが途切れてしまいます。
プレー中は、自分の動きなどに注意を向けている場合ではないのです。

理由その2)毎回打ち方を変えなければならない

さらに、打ち方の変化を自覚できないもう一つの理由は、テニスでは毎回違う打ち方をしなければならないことにあります。
止まっているボールを打つスポーツと違い、テニスでは飛んで来るボールを打ち返さなければならないので、打つ前のボールの状態は毎回違うため、それに合わせて毎回違う打ち方をしなければなりません。

そして、この「状況に合わせた打ち方の変化」についても、通常はあまり自覚されません。
例えば、膝の高さの打点で打つ場合も、打つ前のボールが下降中なのか上昇中なのかによって、面の向きやスイングの方向や振り幅などを変えなければなりませんが、そこで自分が「どんなふうに変えようとしたのか」あるいは、「実際にどんなふうに変わったのか」を正確に記憶している方はあまり多くないはずです。

考えていないから記憶がない

なぜなら、そうした動きの変化はこれまでの練習によって身に付けた「身体で覚えた動き」なので、いちいち頭で考えた行動ではないからです。
逆に言えば、プレー中は頭で考えながらの動きではとても間に合わない中での対応なので、多くの練習を積み重ねて「考えなくても打てる状態」を手に入れてからでなければ「実戦的な打ち合い」はできないわけです。

「身体で覚えた動き」によって自然に起きてしまう

意識的に打ち方を調整したのであればその記憶が残るのですが、持ち替えたラケットで「狙ったポイント」に打とうとすれば自動的にそういう動きになってしまうという仕組みなので、考えて実行された運動調整ではないのです。
ですから、ラケットを持ち替えて打ち方が変わったときも「自分は変えていないし、変わったという自覚も無い」ので「動きは変わらなかった」と思ってしまうわけです。

「良い変化」と「悪い変化」がある

ということで、ラケットの持ち替えで知らないうちに打ち方が変わることはご理解いただけたと思いますが、であれば、その変化には「良い変化」と「悪い変化」があることも容易に想像できるでしょう。

テニスが長時間に及ぶスポーツであることを考慮すれば、「悪い変化」とは疲れやすくて打球の勢いが出ない状態であり、「良い変化」とは身体の負担が減って打球の勢いが増す状態です。

「プレイヤーの負担が減る」のと「打球の勢いが増す」はワンセット

そして、ラケットドックの現場で見る限り、合うラケットを手にすれば「プレイヤーの負担が減る」のと「打球の勢いが増す」は常にワンセットで実現することが分かります。
逆に言えば、合うラケットを見つけるには「プレイヤーの負担が減って打球の勢いが増す状態」を探せば良いわけですが、ここまで書いてきたように、プレイヤー自身はそうした観察や把握はできないので、打っている姿を誰かに見てもらう必要があるわけです。

10,000名以上のフィッティング実績

そして、ラケットドックでは、その誰かの役割を10,000名以上のフィッティング実績のある専任のフィッティングコーチが果たしているのです。
フィッティングコーチが良い状態を探す際にはいろいろなチェックポイントがあるのですが、その中で次のような視点もあります。

フィッティングコーチはプレイヤーの足元を見る

「相手の足元を見る」というのはあまり良いフレーズではありませんが、でもコーチは別に、プレイヤーの弱みを握ろうとしているわけではありません。フットワークの軽さを見ているのです。
なぜなら、合わないラケットは足取りが重くなるからです。

力を入れるためにはそのためのしっかりした足場が必要

それはこういう仕組みです。
合わないラケットは自分の力が打球にうまく伝わらないので力を入れて打つようになったり、力加減でボールの飛びをコントロールしようとするのですが、そのためには足元を落ち着かせる必要があります。
というのも、軽快にジャンプしながら何かに力を入れるという行為は難しいからで、力を入れて打とうとする際には普通は足を止めて踏ん張る状態になります。

動ける範囲が狭くなる

足を止めてボールを打つこと自体は別に悪いわけではありませんが、基本的にテニスは忙しいスポーツなので、コートにベタッと足を着けている時間が長いと動ける時間が減ってしまいます。
ですから、ちょっと遠いボールに届かなかったのはプレイヤーの動きが遅いからではなく、使っているラケットが合わないからということが結構よくあるのです。

合わないラケットは自分のプレーのジャマをしてストレスの元になる

合うラケットでは、ボールを打つときの「身体の負担」と「心の不安」が減って、無我夢中でプレーする状態に入りやすくなるでしょう。
そして、自分の力が100%発揮できれば、勝っても負けてもテニスはもっと楽しくなるはずです。

合わないラケットは自分のプレーのジャマをしてストレスの元になるので、ラケットドックに参加して早くそこから脱出してください。

ラケットドック開催予定と空き状況

「ラケットを替えればプレーは変わる」を動画で確認!
「ラケットを替えるだけでプレーが変わるなんて話は信じられない」という方にぜひ見ていただきたい動画です。
前半と後半で別人のように変わる様子をご確認ください。
Click⇒ラケットを替えればプレーが変わる動画

新設!苦手克服コース
限定開催:ラケット選びと一緒に苦手なショットも解消!
4月21日(土)と5月5日(土)の[14:00~16:00]に限定開催する特別コース。克服したい苦手なショットをアンケートで申告していただき積年の悩みを解消。2時間で定員4名。参加費9,000円(税込)(動画CDが付きます)

ラケットドックの参加者は上達志向の強い方が多いせいかも知れませんが、プレーを拝見していると、自分のプレーの問題点を直すための課題に縛られながら打っているケースが少なくありません。
そのせいで、躍動感のないギクシャクした動きになっていて、せっかく合うラケットで変な動きが解消しても本人がやろうとしている変な動きが残っているとスッキリしません。
なので、的ハズレの努力を重ねて時間をムダにしないために「苦手克服コース」を新設しました。
「悪いところは、そうならないように気をつけよう」というような対症療法では問題は解決しません。
技術的な問題の解决もラケット選びと一緒にやってしまおうという方にオススメのコースです。
【参考記事】
click!⇒「悪いところを直そうとしても直らない仕組み」
click!⇒「苦手なショットを何とかしようとするから苦手が固定化する」

内容の概要
実施日 土曜日または日曜日
(具体的なスケジュールはこちら)
場所 南浦和ローンテニスクラブ
JR南浦和駅から徒歩10分
参加資格 ストロークが打ち合える方ならどなたでも
小学生の方はイエローボールの使用が前提です
実施時間 2時間で定員5名
1名あたりのフィッティング時間は10~15分くらいです
参加費 基本コース:7,000円(税込)
フィッティング動画CD付
(パソコン専用、MPEG4動画)
シンプルコース:6,000円(税込)
(動画CDは付きません)
持ち物 プレーできる服装+靴とご自分のラケット
駐車場 有り