Racket doc

ラケットドックは日本で唯一のラケットフィッティングを提供するサービスです

開催予定とお申込み
Racket doc

テニスラケットはプレイヤーの運動をボールに伝える道具です。
ですから、大切なのは「伝わりやすさ」です。

開催予定とお申込み
Racket doc

「伝わりやすさ」は人それぞれで違うので、合うラケットを見つけるには一人ひとりのプレーを診断する必要があります。

開催予定とお申込み

ラケットフィッティングが必要な理由とその内容

ラケットがプレーに与える影響を正確に理解している方は、上級者も含めて、正直あまり多くないはないようです。
ラケットの影響を軽視していると、戦力的に不利な状態に気づかなかったり、上達が進まずにプレーを楽しめなかったりすることがあります。
ラケットがプレイヤーを助けるケースは少ないのですが、プレーの邪魔をしてミスを誘発させるケースは、現実問題としてたくさんあります。
ラケットで損をしないために「自分に合うラケット」をラケットドックで見つけてください。

打球を相手コートに入れるのがテニス

現在販売されているテニスラケットにはいろいろな特性のものがあって、それぞれの特性によってボールの飛び方も変わります。
でも、テニスは限られた範囲内にボールを打ち込むスポーツなので、ラケットの影響でボールが良く飛んだり、逆に、飛ばなかったりするとミスショットになってポイントを失います。
ですから、テニスプレイヤーは、どんなラケットを使っても打球が相手コートに入るように打とうとします。
そうしないとゲームが成り立たないスポーツなので、打球が相手コートに入るように打とうとしない人はテニスプレイヤーとは呼べないわけです。

ラケットに影響された打ち方になっている

ポイントを失わないためには、使っているラケットの特性に合わせて打ち方を調整して、相手コートに打球が入るようにすることが大前提となります。
ということは、どんなプレイヤーも、そのときに使っているラケットの影響を受けた打ち方になっているのですが、でも、それを自覚している人はあまり多くありません。

ラケットを持ち替えると打ち方が変わる

さらに、異なる特性のラケットに持ち替えたときは、その特性に合わせて打ち方が変わるのですが、そんなことが起きると想定している方はもっと少ないでしょう。
ゴルフの場合は、100ヤードのアプローチを打つときには、使うクラブによってスイングが変わります。
良く飛ぶクラブではスイングが小さくなり、飛ばないクラブではスイングが大きくなるわけです。
テニスの場合でも、特性の異なるラケットに持ち替えて打球がそれまでと同じところに飛んだ場合は、ラケットの特性に合わせてスイングが変わったと判断する以外はないのですが、それを認める方は意外に少ないのではないでしょうか。

自分の動きの変化は自覚できない

なぜなら、テニスというスポーツはとても忙しいので、自分のスイングの変化などに注意を向けるヒマがないからです。
プレー中は、飛び交うボールに対して高度に意識を集中させた状態を維持しなければならないので、身体の動きの変化などにちょっとでも意識を向けたりすると、即ミスにつながります。
ですから、横から見ればすぐにわかるくらいに運動が変化しても、打っている本人には自覚がないことが多いのです。
さらに、テニスでは、飛んで来るボールの状態に合わせて毎回違うスイングをしなければならないので、それがラケットの影響を受けて変化しても、それまでとの違いを自覚するのは難しいわけです。

自分では何も変えていない

また、自分の打ち方は自分の意志で決めて実行していると考えている方が多いので、飛んで来るボールの状態に合わせて毎回違うスイングをしていることにもあまり気付いていないケースが少なくありません。
自分では何も変えていないし、変わったという自覚もないので、変わっていないはずだと思い込んでしまうようです。

ラケットのせいにするのはタブー視されている

ということで、現実的に、ラケットはプレイヤーの動きに多大な影響を与えるのですが、プレイヤー自身がそれを把握するのはかなり難しいようです。
使うラケットがプレイヤーに合っていない度合いがひどいほど、ムダな力みが生まれてギクシャクした動きになり、打球の勢いも出ないのですが、そんな状態でも、それをラケットと関連付けて考える方は意外に少なく、ほとんどの場合は、自分の技術的な問題にされてしまいます。
合わないラケットの弊害が大きいほど運動の効率が悪くなって疲れやすくなり、ミスが増えて戦力が低下するのでプレーが楽しくなくなるのですが、そんな状態でも、ラケットのせいにするのはタブー視されていることが多いようです。

専門家のフィッティングが不可欠

プレイヤーの運動の負担が増えれば増えるほど、逆に、打球の勢いは出なくなって球筋がバラつくケースが多いのですが、ボールを打っているときの運動の効率性や打球の失速状態は自分では把握しにくいので、良い状態を見つけるには専門家の目でプレーしている姿を外から観察する必要があります。
2003年にスタートしたラケットドックでは、これまで10,000名以上の方にご参加いただいていますが、モデル選択が間違っている以外に、スイングウェイトの数値が不適切だったり、ストリング・セッティングが適切でなかったり、あるいはそれらの要因が複合的に重なっていたりするため、それまで使っていたラケットが適切だったというケースはほとんどありませんでした

ほとんどのプレイヤーがラケットで損をしていたわけです

プレイヤーの運動が効率良く打球に伝わるラケットを見つければ、運動の負荷が減って打球の勢いと安定性が増します。
そして何より、プレー中のストレスが減って爽快感が増します。
ラケットにジャマされずに快適にプレーするために、ラケットドックでベストフィットのラケットを見つけてください。

ラケットドックの開催日程とお申込

こちらでラケットドックの開催日程と空き状況が確認できます。
お申し込みフォームへの入り口もこちらから。

実施内容のご紹介

実施当日の流れと内容紹介のページです。
こんな感じでやっています。

会場へのアクセス

ラケットドック実施会場へのアクセスはこちらをご覧ください。
最寄りの駅はJR南浦和駅です。

内容の概要
実施日 土曜日または日曜日
(具体的なスケジュールはこちら)
場所 南浦和ローンテニスクラブ
JR南浦和駅から徒歩10分
参加資格 ストロークが打ち合える方ならどなたでも
小学生の方はイエローボールの使用が前提です
実施時間 2時間で定員5名
1名あたりのフィッティング時間は10~15分くらいです
参加費 基本コース:7,000円(税込)
フィッティング動画CD付
(パソコン専用、MPEG4動画)
シンプルコース:6,000円(税込)
(動画CDは付きません)
持ち物 プレーできる服装+靴とご自分のラケット
駐車場 有り
 

身体に合うラケット選びは Racket Doc !

ラケットドックは、
これまで10,000名以上のテニスプレイヤーにご参加いただいています。
身体に合うラケットでテニスをもっと爽快に!
開催スケジュールとお申し込みフォームへの入り口はこちらです。

ラケットドックの開催日程とお申し込み