トップページ

ラケットドックって何?

プレーしているときの身体の動きと打球の状態を見ながら、一人ひとりに合うラケットを見つけ出すサービスです。

自分のことがわからない

ラケット選びに悩んでいる方の多くは、候補になりそうなラケットについてネットなどでいろいろ調べて、それらが「どんなラケットなのか」を知ろうとするのですが、その方法では正解は見つからないかもしれません。

なぜなら、最終的に「打ちやすいかどうか」、「プレーが良くなるかどうか」はプレイヤーとラケットの相性で決まることなので、ラケットの情報だけをたくさん集めても相性の良し悪しは判断できないからです。

「どんなラケットなのか」ではなく「自分がどんなプレイヤーなのか」を知る必要があるのですが、それが簡単ではないことが、ラケット選びの悩みの本質と言えるかもしれません。

ですから、ラケットのことを詳しく調べ尽くして慎重に選んでも、実際に使ってみると「何だかなぁ」というあまり納得できない結果に終わってしまった経験を多くの方が持っているのではないでしょうか。

また、ラケットについてとても詳しいショップのスタッフに「あなたにはこれが良いです!」と特定のモデルをススメられても、「いったい、この人は私のプレーの何を知っているのだろうか」という疑問が心に浮かぶはずです。

ラケットドックはプレーが変わるラケットを探します

「自分に合うラケット」というと、「自分の今のプレー状態に合うラケット」だと考える方が多いのですが、実はそうではなく、というより、全然違います。

私どもが探すのは、「今のプレーが変わるラケット」です。

なぜなら、今のプレー状態は「今使っているラケットの影響を受けた打ち方」になっているからです。

ですから、それに合わせてラケットを選んでも現状維持にしかならず、買い替えるメリットが生まれないわけです。
(ラケットを選ぶときに多くの方は自分の好みを優先するため、その好みが変わらないと結果的に現状維持の選択になるケースが多いようです。)

誰でもラケットの影響を受けている

ボールの飛び方はラケットの特性によって変わるため、打球をコートに入れようとすれば、テニスプレイヤーである限り誰でも、そのときに使っているラケットの影響を受けた打ち方になります。

ショットの結果を全く気にせずに自分の思いどおりに自由気ままに打てる人はテニスプレイヤーとは言えないわけです。

ラケットの影響は自覚できない

そして、その「使っているラケットに合わせた打ち方」が、実はプレイヤーの重荷になっているケースがとても多いのですが、残念なことに、それを自覚できる人はあまり多くありません。

なぜなら、テニスは反射的な対応が求められるとても忙しいスポーツなので、プレー中に自分の状態を客観的に把握しようとすると打ち合いを続けることができないからです。

ボールへの高度な意識集中が必要な中では、自分の「身体の動き」や「打球の状態」などに意識を向けるのは難しいわけです。

ラケットの問題はラケットでしか解消できない

そのため、
打つときに変な力みがあったり、
バランスが崩れやすかったり、
しっかり打っている割に打球が失速していたリ、
フットワークがドタバタしていたり、
スッポ抜けのアウトが多かったり

というようなプレー上の問題がラケットの影響で起きていても、それについて、使っているラケットとの関係で考える人はとても少なく、ほとんど全てがプレイヤー自身の技術的な問題にされてしまいます

でも、ラケットの影響で起きている問題を練習や努力で直そうとしても、根本的な解決にはなりません。

「ラケットの影響で起きているプレー上の問題」は、使うラケットを適切なものに替えれば簡単に解消しますが、でもそこで、何が適切なのかを見つけるのが容易ではありません。

相性診断の実験が必要

先に書いたように、「打ちやすいかどうか」はプレイヤーとラケットの相性で決まる問題なので、適切なラケットを見つけるにはプレイヤーとラケットの相性を診断する必要があるのです。

「ラケットからどんな影響を受けるのか」は一人ひとりの身体特性と運動能力などによって変わるので、理論や理屈で機械的に決めつけるのは困難です。

まして、プレイヤーの技術レベルや性別等の単純な区分けで簡単に決めてしまうことなどできません、

そのため、「プレイヤーの動き」と「打球の状態」の両方が良くなるラケットを探すには「コート上で実際に実験するしかない」わけです。

ラケットを持ち替えればすぐに打ち方が変わる

テニスプレイヤーであれば誰でも、そのときに使っているラケットで打ち出された打球が相手コートに入るように打とうとします。

もちろん、実際には失敗することも多いのですが、とりあえず、毎回コートに入るように打とうとはするわけです。

そのため、ラケットを持ち替えるとすぐに(本人が自覚せずに)打ち方が変ります。

「打球が相手コートに入るように打つ」というのはテニスプレイヤーの本能みたいなものなので、頭でいちいち考えなくても、飛びすぎるラケットではアウトを防ぐためにスイングが縮まり、飛びの悪いラケットではネットを防ごうとして力が入る、というような変化が持ち替えて2~3回打てば発生します。

一番良い状態

ラケットを持ち替える毎に、それぞれのラケットの特性に対応してこうした運動変化が起きるのですが、そうした変化の過程をプレイヤー以外の第三者が横から観察して、一番良い状態になるラケットを探すのがラケットドックのサービスです。

「フィッティング」と聞くと、今の状態にピッタリ合わせることだと思いがちですが、「ラケットフィッティング」では、プレーが変化していく様子を観察しながら、その中で一番良い状態を探すわけです。

合わないラケットを使っているプレイヤーは打つときにムダな力が入っていて身体がグラつきやすく、しかも、打球に勢いが無く失速しているケースが多いので、一番良い状態は簡単に言えば、その反対の、プレイヤーの動きからムダな力みが減ってバランスが良くなり、打球に伸びと勢いと安定性が生まれる状態です。

ラケットのことが完全に頭から消えてしまう状態がベスト

ラケットの問題を自分のせいにしているといつまでも上達しにくいのでテニスが楽しくなくなります。

ラケットの問題はラケットで解決して上達のジャマになる要素を排除すれば、練習の効果も上がリやすくなります。

ラケットのことが少しでも気になると集中のジャマになるので、ラケットのことが完全に頭から消えてしまう状態を目指してください。

ラケットドックは10,000名以上の
テニスプレイヤーが参加している
日本で唯一のラケットフィッティング
サービスです。
下記の「開催日程と空き状況」のページをご覧の上、ご都合の良い日時をご予約ください。

開催日程と空き状況

ラケットドックの
評判・感想
ラケットドックの
レポート集
勝ちやすい
ラケットを探せ!
ラケット選び
≠モデル選び
伝わりの良い
ラケット
プレーの
健康診断
良いラケットは
無い!
合うラケットに
出会える
ルートは1つ
体に合うラケットで テニスをもっと快適に!テニスワン
ラケットドックはテニスワンの
フィッティングサービスです!


テニスワンは谷口勇美雄コーチの
BTLテニスキャンプを推薦します

TENNIS-ONE
〒101-0044 東京都千代田区鍛冶町2-2-3 第三櫻井ビル2F
Phone 03-3251-7066
営業時間/10:00~19:00
年中無休(年末年始を除く)