Racket Doc

  • HOME
  • プレーが変わる仕組み

ラケットでプレーが変わるなんて信じられない

「ラケットでプレーが変わる」なんていう話を聞くと、過去にプレーを変えようとして苦労した方は「そんなうまい話はとても信じられない」と感じると思いますが、実は確実に変わります。そして、その理由はとてもシンプルです。

テニスプレイヤーはいつでも打球を相手コートに入れようとする

その理由とは、テニスプレイヤーであれば誰でも、自分の打球を相手コートに入れようとするからです。
その仕組みは以下のとおりです。
テニスラケットはモデルごとに特性が変わり、ガット張りによっても性能が変わるので、ラケットの性能はそれこそ1本1本異なります。
そして、そうしたラケットの性能によって「ボールの飛び方」が変わり、それだけでなく、「ボールの飛ばし方」も変わります。
ですから、ショットの結果はラケットの性能の影響を強く受けるのですが、でも実際には、持ち替えた直後の2~3球を除けばショットの結果には大した違いが生まれないのです。

打ち方が変わってしまう

なぜなら、ある程度の経験を積んだプレイヤーであれば、どんなラケットを使っても打球が相手コートに入るように打ってしまうからです。
ラケットを持ち替えて自分の打球がアウトしたりネットしたりしたときに、その状態をそのままキープしてアウトやネットを続けるプレイヤーは普通は居ません。
なぜなら、持ち替え直後の2~3球で、狙ったポイントに打球が落ちるように打ち方が調整されてしまうのです。
ですから、自分の打球がアウトしてもネットしても全く気にならないプレイヤー以外は誰でも、ラケットを持ち替えればボールを打つときの動きが変わってしまいます

もし変わるのならそれが自分でわかるはず

「そうはいっても、自分の打ち方は過去にラケットを持ち替えても変わらなかった」と思われた方も居るのではないでしょうか。
確かに、自分で意識して打ち方を変えたことはないし、実際に変わったという自覚も無いかも知れません。
でも、ここがとても重要なポイントなのですが、「自分の打ち方が変わってもプレイヤーは自覚できない」のです。

テニスはとても忙しい

なぜなら、テニスは自分の打ち方の変化を自覚できるほどノンビリしていて簡単なスポーツではないからです。
実際問題として、ボレーよりずっと時間的な余裕があるストロークの場合でも、相手が打ってからこちらが打つまでに使える時間は1.5秒くらしかないので、考えながら動いていてはとても間に合いません。
ですから、打ち合いの最中は反射的な対応が求められるため、自分の動きを自覚しながら打つことはできません。
さらに、高速で動き回るボールを正確に把握しなければならないので、ボールへの高度な意識集中が必要です。
そんな状況で自分の動きの変化などに意識を向けたら、とたんにミスが出て打ち合いが途切れてしまいます。
プレー中は、自分の動きなどに注意を向けている場合ではないのです。

「良い変化」と「悪い変化」がある

ということで、ラケットの持ち替えで知らないうちに打ち方が変わるのですが、そうであれば、その変化には「良い変化」と「悪い変化」があることも容易に想像できるでしょう。

テニスは長時間に及ぶスポーツなので、「悪い変化」とは疲れやすくて打球の勢いが出ない状態であり、「良い変化」とは身体の負担が減って打球の勢いが増す状態です。

「プレイヤーの負担が減る」のと「打球の勢いが増す」はワンセット

そして、ラケットドックの現場で見る限り、合うラケットを手にすれば「プレイヤーの負担が減る」のと「打球の勢いが増す」は常にワンセットで実現することが分かります。
でも、プレイヤー自身はそうした変化を把握できないので、打っている姿を誰かに見てもらう必要があるわけです。

10,000名以上のフィッティング実績

そして、ラケットドックでは、その誰かの役割を10,000名以上のフィッティング実績のある専任のフィッティングコーチが果たしています。

合うラケットでは、ボールを打つときの「身体の負担」と「心の不安」が減って、無我夢中でプレーする状態に入りやすくなるでしょう。集中しやすくなるわけです。
そして、自分の力が100%発揮できれば、勝っても負けてもテニスはもっと楽しくなるはずです。

「合わないラケット」は自分のジャマをしてストレスの元になるので、ラケットドックに参加して早くそこから脱出してください。

ラケットドック開催予定と空き状況

ラケットでしか
変えられないことがある!

テニスラケット選びの最適ルートはラケットドック!
ラケットドックのトップへ