ラケットドックの内容のご紹介

ラケットを持ち替えるとプレーが変わると考えている方は、テニスプレイヤーの中ではそれほど多くはないようです。
それだけ、プレー中の動きの変化を自覚するのは難しいわけです。
ただ、「打球を相手コートに入れる」というのはテニスプレイヤーの本能ですので、どんなラケットを使っても、アウトやネットが出ないように打ち始めます。
そのため、ラケットを持ち替えてすぐの2~3球で、新たなラケットでミスが出ないように動きが変化し始めます。
そして、プレイヤーがアウトやネットのミスについて「全然OK!」と考えていない限り、そうした運動変化が起こるのを防ぐことは誰にもできません。
打球を相手コートに入れようとする限り、ラケットの影響からは誰も逃れることはできないわけです。


当然、そうした動きの変化には望ましいものとそうでないものがあります。
飛びの悪いラケットで力んだり、飛びすぎるラケットで萎縮したり、などの運動調整は望ましくないわけです。
身体に合うラケットでは余計な負担が減って、一生懸命打っている感じが減少します。
そして、身体の動きがリラックスしてくると、逆に、打球の伸びと勢いは増します。
さらに、ショットの結果にバラツキが減って安定性が高まります。

合わないラケットでは力みが生まれて運動が強まり、逆に、打球は失速しやすくなります。
さらに、打ったときのバランスの崩れが大きくなって、ショットの結果もバラつきやすくなります。
ラケットが合うか合わないかは、そうした変化の分岐点になるのです。


プレー中はとても忙しいので、自分の動きの変化に意識を向けにくい上に、その変化が望ましいものかどうかを自分で判断するのは困難です。
ラケットドックでは、プレイヤーの動きの変化と打球の状態を客観的にチェックして、最も良い動きが出てくるラケットを選び出します。

●ラケットドック実施の流れ

トータル2時間の中で5名のフィッティングを行ないます。
フィッティングは一人あたり10分~20分程度かかりますが、一人一人順番に行ないますので、その間、他の方は、ご自分の希望するモデルを自由に試打していただきます。

対象者はコーチから順次手渡されるラケットを打ち、その動きの変化をコーチが観察し、候補ラケットを持ち替えながらベストフィットモデルを探していきます。

グランドストロークを中心に、プレイヤーとラケットの相性を診断します。
ショット別に相性の違いが出ることはありませんが、特に気になるショットがあれば、ご質問ください。

●フィッティングの進め方

ラケットフィッティングは、ある意味で人体実験の繰り返しといえます。
ラケットを持ち替えて起こる変化をチェックしながら、プレイヤーの反応を確認していきます。

一般的に、ご自分のプレーを固定的なものだと思っている方が多く、「今のプレースタイルに対してどのラケットが合うのか」と単純に考えてしまうようです。

でも実際には、判断のベースとなるご自分のプレー状態そのものが、ラケットを持ち替えることによって変化します。

変化する前の動きにフィットするラケットを探すのではなく、良い変化が起きるラケットを探す作業ですので、どうしても実験的にならざるを得ないわけです。
実際に打ってみなければ、合うかどうかは判断できません。

●テニスは「調節して入れるスポーツ」

ラケットを持ち替えて2~3球のラリーで、ほとんどのプレーヤーはさまざまな調節をし始めます。

本人は意識せずに打っているのですが、スイングの方向やインパクトでの力加減、体全体の力の入り方、足の蹴り、体軸の傾きなど、さまざまな部分に変化が現れます。

テニスは「打球を相手コートに入れるスポーツ」なので、性能の違うラケットでもネットやアウトが出ないように打つためには、プレイヤーの動きが変化せざるを得ないのです。

●ストリングセッティング

無理のないスイングを実現するためには、ラケット自体の性能ももちろん大切ですが、ストリングの硬さも重要な要素となります。

ラケットドックでは同じモデルを2本づつ用意して、それぞれのストリングの硬さを面圧で3ポイント変えて使用していますが、面白いのは、その2本を打ち比べて全く異なるラケットだと思った方が居たことです。

片方はベストなのにもう片方は全然ダメという印象で、ストリングセッティングでラケットのフィーリングが大きく変わるというのがよくわかります。

●ベストフィットモデルの条件

どんなラケットを使っても相手コートに入れようと調整するのであれば、結局「ラケットは何を選んでも同じ」ということなのでしょうか。

結論からいうと、余計な調節をしなくて済むラケットがベストフィットだといえます。

普通につなぐショットでもスイングのどこかに力みがあったり、逆にアウトさせないために力を抜いたりというような調整は、その度合いが大きければ大きいほどショットを繰り返して成功させるのが難しくなります。

テニスは1、2回良いショットを打っても勝てないスポーツなので、ショットの成功率を高いレベルで安定させることが必要で、打つたびに無理な調整をやっていると、ショットの成功率が低下して打球の勢いも出ません。

一番無理のないスイングが維持できるラケットがベストフィットです。
不要な力みが消えて、なおかつ、本人のスイングパワーが十分に生かせるようなラケットを使うことで、ショットの安定性が高まり、ゲームが長引いても調子の良い状態を保つことができます。

【ご参加頂いた方々のご意見】


●最初は自分ぐらいのレベルで参加して意味あるのか?という感じでしたが、実際にピックアップしていただいたラケットで変化があることにびっくりしました。本当に受けてよかったと思いました。

●初めはプロや競技者だけの特別な企画だと思っていました。しかしフォーム作りが大切な初心者にこそ必要なクリニックではないのか?と思いました。

●ラケット(スイングウェイト・面圧)でこんなにも変わるものかと驚きました。
特に妻のフィッティングを見てて、途中からみるみるレベルが上がっていくのが分かり、内心「こりゃマズイ」と焦ったほどでした。もちろん妻は大満足です。

●自分が思っていた以上にラケットが大事だということを感じました。
選び方が悪かったせいか、今まで試打してみてもこんなに違いを感じたことはありませんでした。
やっぱりプロの目は違うと痛感しました。

●スクールのキャンペーンやショップの試打ラケットを色々使ってみて、1本ごとに個性があり、違いを感じることはできるものの、自分に合っているのはどのラケットなのか、さっぱり訳が分からなくなっていたところが、はっきりと納得できる形で選択することができた。

●自分でラケットを試打したりするだけでは、自分の好みを優先し、それまでのラケットと同じような傾向のモデルを選択するだけで終わっていたかもしれません。

●テニスを始めてからはかなり長いのに、自分のことが全然解らなかった私に、一筋の光明をいただいた想いです。
自分自身では絶対解らなかった自分に合うラケットを選んでいただき、大変感謝しております。

●初心者の私が道具のせいにするのはどうかとも思いましたが、実際にコーチに診ていただいて、今の自分に合うラケットを見つけて頂きました。

●カタログと長時間にらめっこして、デモラケを借りてチェックしてなど、やはり無駄な時間だなと感じました。
冷静に考え、アプローチショットがよくオーバーしていたのも、ラケットのせいだったのかと、今では思っています。

●今のラケットだと、上手くなるために不必要な時間をかけてしまうところだったし、この先も変なフォームで練習し続けることを防ぐことができたこと。
自分自身では見つけることができないフィットするラケットがわかった。

⇒こちらにはさらに多くのご感想が掲載されています

ほとんどのプレイヤーは
ラケットで損をしている!
・・・・・というのが10,000名以上のラケットフィッティングで得た結論です。合わないラケットはミスを増加させてショットの勢いを無くすだけでなく、プレイヤーの動きを悪くして故障の原因にもなります。

ラケットドックで
自分に合うラケットを見つけて
テニスをもっと快適に!

CLICK↓

   
 
 
ラケットドックのトップへ